読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

シルバーウィークは終わったけどこれからが紅葉の季節。紅葉状況のわかるサイトをチェック!

 シルバーウィークが終わり、来週からまた仕事や学校が始まるが、10月には3連休があり11月には飛び石連休がある。季節的にはこれから紅葉が鮮やかになる時期だけに、次の連休に備えて紅葉状況がわかるサイトをチェックしてみたい。

「全国観るナビ」の紅葉情報サイト

f:id:polepole103:20150926220923j:plain

 旅行情報サイトの「全国観るナビ」では、 紅葉時期が分かる「2015全国観るナビ 紅葉」というサイトをオープンしている。こういうサイトを見ると、紅葉を観るのものんびりできて良いなと思ってしまう。

 このサイトでは現在どの辺りで木々が紅葉しているかを表示しているが、北海道や東北の一部ではすでに紅葉が始まっている。また、本州の標高が高い場所でも少しずつ色づき始めているようなので、10月の連休まで待たずに来週末にでも見に行きたくなるところだろう。

 このサイトでは、日本地図をクリックするとその地域の紅葉情報が一覧で見ることができる。 紅葉の最盛期が書かれているので、まずはこの画面で行きたい場所を探してみるのが良いだろう。

f:id:polepole103:20150926220938j:plain

調べたい地域をクリックすると詳しい情報が表示される。 例えば「長野県」をクリックすると長野県内の紅葉状況が表示され、 県内各地の紅葉の見所での色づき状況を知ることができるようになっている。

f:id:polepole103:20150926220953j:plain

 試しに上高地をクリックしてみると、画面のように様々な情報が表示されるようになっている。涸沢では既に紅葉が進んでいるようだが、上高地の玄関口である大正池や合羽橋の付近は10月中旬からが見ごろとなるようだ。

 静かな雰囲気の中での燃えるような紅葉狩り。数年前の夏に徳沢で数日キャンプをしたことがあるだけに、静かな自然の中で楽しむ紅葉は何にも増して素晴らしいだろうなと思う。

紅葉を撮影するなら露出補正に気をつけたい

f:id:polepole103:20111028102135j:plain

 写真は数年前に北海道で撮影したイチョウの写真だが、東京でここまで木々の葉っぱが色付くのは11月になってからだ。それでも、ビルが立ち並ぶ都心のあちこちで見事な紅葉や黄葉が見られる時期というのは街歩きをしていても楽しい。

 紅葉の時季になるとカメラを担いで外を歩くのが楽しくなりる。赤い葉と黄色い葉を撮影する時には露出補正が異なってきて、 赤い葉を撮る時には露出をマイナス側に補正し、 黄色い葉を撮る時にはプラス側に補正する必要がある。

 カメラが被写体の明るさを測定するため、赤い葉を測定すると「ちょっと暗いから明るくしよう」とカメラが考えるため、見た目どおりの色で撮るには少し暗めに補正する必要があるからだ。

 そういう意味では写真を撮る勉強になるのは秋の紅葉散策。 今年もカメラを担いで近所の公園を巡ってみたいと思う。