読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

4月23日はバラの花と本を贈ろう!「サン・ジョルディの日」

読書 つぶやき

 バレンタインデーもホワイトデーも終わり、年間のプレゼントイベントがなんとなく終了したような感じがしていたが、4月は「身近な人にバラの花と本をプレゼントする」というイベントがあるらしい。 本好きの私としては見逃せないイベントだなと思う。

■スペイン発「サン・ジョルディの日」

f:id:polepole103:20150416143102j:plain

 サン・ジョルディの日はスペイン・カタルーニャ地方の祝日。キリスト教の聖人サン・ジョルディが殉教した日にちなみ、毎年4月23日におこなわれている。もともとはサン・ジョルディが退治したドラゴンの血がバラになったという伝説があり、この日はバラの日とも呼ばれていたようだ。

 さらに、4月23日がシェイクスピアなどの文豪とゆかりのある日(誕生日等)だったことから、カタルーニャの書店がバラの花と一緒に本を贈ろうというイベントを開始した。20世紀当初の話だ。

 その後、日本をはじめとした各国に「バラの花と本を贈る日」という取り組みが広がってきた。歴史は浅いが素敵なイベントだと思う。

f:id:polepole103:20150416135216j:plain

 日本でも各地の書店業界と花業界が連携してイベントを行う。また、4月23日は「子ども読書の日」にもなっているので、今週末から来週にかけて各地の書店でも様々なフェアやイベントが行われるんだろうなと今から楽しみにしている。

◇関連情報

世界本の日 サン・ジョルディの日::日本書店商業組合連合会「本屋さんへ行こう!」

イベントチラシhttp://www.ajac.ne.jp/img/sj2015tokyo.pdf

■どんな本が印象深かったか考えてみた

 本好きとはいえ自分が好きな本を読んでいるだけなので、誰かに本をプレゼントするととなるとかなり悩む。本というのは人それぞれの趣味趣向が顕著に現われるので、自分の趣味だけでプレゼントするのは非常に気が引けるからだ。

 かといって、自分が欲しい本を羅列するのも「私を知っている人はプレゼントしてください」と言っているみたいでなんだかずうずうしい(気にしすぎ)。それではということで、今まで読んだ本の中で思い出深いものを羅列してみた。

〇子供時代

太平洋ひとりぼっち (角川文庫)

太平洋ひとりぼっち (角川文庫)

 

 冒険家の堀江謙一さんがヨットで太平洋を単独横断した時の航海記。航海の様子だけではなく、太平洋を横断中の心の動きなども丁寧に書かれていて、ワクワクしながら何回も読み返したことを思い出す。最近復刻版も出たので、そちらもぜひ読んでみたい。

〇青年時代

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)

きまぐれロボット (新・名作の愛蔵版)

 

  中学生になってから読むようになった星新一さんのショートショートは、読んでいて衝撃を覚えるような新鮮さを感じた。元々SF好きだったということもあるが、短いページの中でこれだけ中身の濃い小説が書けるんだと感嘆した。その中でも「きまぐれロボット」は素晴らしい作品だなと思うし、本格的な本好きへのきっかけとなった一冊だ。

〇子どもが生まれて

どんなに きみがすきだか あててごらん (児童図書館・絵本の部屋―ちっちゃなえほん)

どんなに きみがすきだか あててごらん (児童図書館・絵本の部屋―ちっちゃなえほん)

 

 子どもが生まれてから絵本を読む機会が格段に増えた。ありとあらゆる絵本を買って読み聞かせをしていたが、その中でもこの一冊は自分の気持ちとシンクロして非常に感動したことを覚えている。絵本の文章を借りて自分の気持ちを子どもに伝えているような、そんな素敵な体験ができる一冊だと思う。

■本には様々な想いが詰まっている

f:id:polepole103:20150416143633j:plain

 本を読むのが親子そろって好きで実家の父も本を読むのがとても好きなので、親子三代で本のやり取りをしている。実家は九州なので手紙を添えて自分が読み終わった本を送っているが、息子の私が送る本よりも孫が送る本の方が数段嬉しいようだ。

 そう考えると、本というのは単なる紙の印刷物ではなく想いが詰まった品物だとも言える。読む相手のことを考えて選んだり物語の内容に自分のメッセージを込めたりと、本という商品を通して相手に気持ちを伝えることができるんだなと思う。

 本は物語を書く人がいて、校正する人がいて、デザインや印刷や販売など、店頭に並ぶまでに非常に多くの人の手を介す。多くの人の手を介すだけに、本にはたくさんの想いが込められていると思う。それだけを考えても本を粗末にすることなどとんでもないことだし、大切に扱いたい品物だともいえる。

 「サン・ジョルディの日」には、さらにありがとうの気持ちを込めて家族に本を贈ることにしたい。