読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

シンプルに考えると人間関係は分かりやすい

今週のお題特別編「この春に始めたいこと・始めたこと」
〈春のブログキャンペーン 第2週〉

 4月に入って新年度が始まった。4月始まりではない会社も多々あると思うが、会社も学校も圧倒的に4月始まりが多いので、やはり4月は始まりの月というイメージが強い。

 仕事も新年度から仕切り直しの案件が多いと思うし新入社員も入社してくるが、職場でも学校でも悩みの多くは人間関係。しかし、シンプルに考えることで案外分かりやすくてこなしやすいものだと思うので、悩み多き方はこの春からシンプルに考えることを始めてみてはどうだろうか。

■悩みのほとんどは人間関係

f:id:polepole103:20150410122818j:plain

 心理学者アドラーは「人の悩みのすべては人間関係だ」と位置づけ、それに対する心の在り方を説いており、「個人の主体性」「目的論」「全体論「社会統合論」「仮想論」の5つを基本前提としている。詳しい内容はアドラー心理学の書籍がたくさん出ているのでそちらを参照していただきたいと思うが、物事をシンプルに考えるという点で非常に興味深い考え方だと思う。

 その中でも私が興味をひかれたのは「他人からの影響はその人固有の都合」だと考えて、「自分の考えと合わない場合には自分の都合を優先するだけ」という考え方だ。かなり乱暴な解釈かもしれないが、相手の言葉や態度に左右されないための考え方として共感を覚えた。

 人間関係に悩むときには必ず「どうしてこんなことを言われるんだろう」とか「どうして分かってもらえないんだろうか」という気持ちが相手に対して生まれる。そこに悩みの元があるのだが、シンプルに考えることで気持ちがぐっと楽になるだろうと思う。

■相手や自分を責めずにシンプルに考える

f:id:polepole103:20150329144516j:plain

 アドラー心理学とは少し離れるが、嫌なことを言われたり自分のことを分かってもらえないということに対しては、簡単にいうと「そういうもんだ」と思うことからスタートしてみたい。私自身がそうできているかというと難しいが、そう思おうとするだけでも気分が違ってくる。

 例えば会社の飲み会があってどうしても気分が乗らない時、断ろうかどうしようかと悩むことは無いだろうか。そんな時についつい考えがちなのが「断ったら嫌われるんじゃないだろうか」とか「飲み会の席で悪口をいわれるんじゃないか」ということ。声をかけてくれたのが上司や先輩ならなおさらだろう。

 こんな時に私は「どちらを選択した時に気分が楽になるか」をまず考えることにしている。心の中で天秤にかけるのだが、少しでも傾いた方を選択して、選択したらもう片方の考えはきっぱりと頭の中から追い出すようにする。

 飲み会を断ったのであれば、「断ったことで嫌うのは相手の都合」であり「飲み会の席で悪口をいうのも相手の都合」と考えて割り切ってしまう。そして「断ったからこそ気持ちが軽くなった」「好きなことに時間をつかえてラッキーだった」ということを、自分の心に強く刻み込むことにしている。

 そうはいっても最初のうちは「やっぱり行けば良かったかな~」と思ってしまいがちだが、同じ考え方を繰り返すことでそういった考え方に自分自身が慣れてくる。何事もそうだが、シンプルに考えるという事も習慣化が必要ではないだろうか。

■それでも悩んだ時の対処法

 それでも悩みが抜けない時には、シンプルに考えることと並行して「書き出す」ということをやってみよう。一番良いのは「誰かに話す」ということだと思うが、そのためには相手が必要なので手っ取り早くメモ帳やカードに書き出していくのが良いと思う。

 不要なものをゴミに出すのと同じで、とにかく嫌なことや理不尽だと思ったことなどをメモなどに書き出していく。その時には、具体的に何がどう嫌だったのかということを箇条書きにした方が良い。漠然と「嫌なことを言われた」という書き方ではなく、「〇〇さんにメールの書き方で細かいことを指摘された」というような書き方が良い。

 また、書くのはメモやカードなど「すぐに捨てられるもの」に書くようにしたい。ノートや手帳に書いてしまうと手元に残るので、それだと部屋の中にゴミ袋を置きっぱなしにするのと同じになってしまう。書いたらすぐに捨ててしまうのがミソなので、書いた内容を確認したら迷わずクシャクシャに丸めたり破ったりして捨ててしまおう。

 考えすぎて眠れないというときにも効果的な方法だ。人間、記憶の容量というのは限られているだろうから、不要なものはサッサと捨てるに限るという事だろう。

■シンプルに考えてシンプルに生きる

 以前、カーシェアリングを題材に「シンプルライフ」に関しての記事を書かせていただいたが、モノや欲求に縛られないシンプルライフは悩みや考え方に関しても通じるのではないだろうか。

 シンプルに考えるということは判断を早くすることにもつながるので、仕事も趣味も恋愛もシンプルに考えてみる。たとえ判断が間違ったとしても良いではないか。人生は長いようで短いので、悩んでいる時間を短くすることはそれだけでも意味のあることだと思う。