おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

袋にお湯を注ぐだけで本格的なコーヒーが飲める「グロワーズカップ」

 私はコーヒーが大好きで一日10杯近く飲んでしまうが、それだけに「美味しいコーヒーをどこでも飲みたい」といつも思っている。アウトドア遊びや出かけた先のちょっとした時に美味しいコーヒーが飲めると嬉しいが、登山用として発売されているものとして簡単に飲める本格コーヒーのパックがあった。

■お湯を注ぐだけで本格コーヒーが楽しめる

f:id:polepole103:20150203220612j:plain

 お湯を袋に注ぐだけで本格的なコーヒーが楽しめるのが「グロワーズカップ」という商品。 カカオやチョコレートなどの色々な食品を輸入販売している立花商店が、 登山やアウトドア専門店で発売している商品だ。

f:id:polepole103:20150203220643j:plain

“簡単に言えばシングル抽出のフレンチプレス。パウチには挽きたてのスペシャルティコーヒー26グラムとフィルターが入っています。パウチを開け、500mlのお湯を注ぎ、5~8分間抽出するだけで3杯分のおいしいコーヒーが簡単に淹れられます。フィルターは、コーヒーの持つ自然なオイルと風味を保つようデザインされており、より豊かな味をお楽しみいただけます。”

 袋にお湯を注ぐだけで内蔵のフィルターがコーヒーを抽出し、3杯分のコーヒーが簡単にできあがる。価格もワンパック324円(税抜き)なので、普通のコーヒーとしてもお得だと思う。

 軽量コンパクトな包装なので登山の時にも邪魔にならないし、何よりも山頂やテント場で特別な道具が無くても本格コーヒーが飲めるというのはコーヒー好きにとってはとてもありがたい。

 通販で販売されているほかに、 ICI石井スポーツ、L-Breath(エルブレス)、WILD-1(ワイルドワン)など、 登山・アウトドア専門店で発売されていて今後も取り扱いショップは拡大していくようだ。私も一度買って飲んでみたいと思う。 

 ■美味しいコーヒーとその効果

f:id:polepole103:20130916140600j:plain

 朝起きてまず一杯のドリップコーヒーをゆっくりと飲む。 これがここ20年来の朝の習慣になっている。むすこが幼い頃には朝からバタバタと育児をしていたが、それでも少しだけ早起きしてこの習慣だけは欠かさないようにしていた。というよりは、当時はこの時間があるおかげで毎日元気に育児も仕事も出来ていたような気がする。

 今でも朝一杯のドリップコーヒーをゆっくりと飲み、朝食後にもまたゆっくりと一杯。出社する前に時間があれば、駅のお気に入りのコーヒーショップで1杯。会社では持参したコーヒーポットから3杯分のコーヒーを飲みながら仕事をし、帰宅してからは食後にゆっくりとコーヒーを楽しんでいる。

 コーヒーには脂肪燃焼効果があったり、リラックスするための効果があったりすると言われている。逆に飲み過ぎると胃を壊しやすいとも言われているが、真義のほどは定かではないなと思っている。

 お酒を飲まない私にとってコーヒーはとても大切な飲み物。お気に入りのカップでゆっくりとコーヒーを飲む時間は、頭の中が空っぽになってストレス解消にも役立つ貴重な時間だ。また、気の合う仲間と美味しいコーヒーを飲みながら話をする時間は、 お酒が好きな人が飲み会の席が楽しいという気持ちとほぼ同じか、それ以上の有意義な時間だと思っている。

 では「美味しいコーヒーとは」という話になるとこれもまた曖昧な。 グルメとはほど遠い感覚の持ち主である私からすれば、「美味しいコーヒー」と「不味いコーヒー」の違いは分かるものの、「○○産の豆はおいしい」というようなことまでは分からない。

 しかし、「美味しいコーヒーを飲んでくつろぐ方法」を知っているというのは、気分転換や一日を充実させるためにはとても大事なことだと思っている。そのためにも自分のお気に入りのお店を探すというのとはとても大事なことで、これからもセッセとコーヒーショップ巡りや今回ご紹介した商品探しに精を出したいと思う。