読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

昭和の香りがする源泉かけ流しの湯「湯めみの丘」(山梨県甲斐市)

おでかけ情報

 年末になって気温もグッと下がってきた関東地方。週明けには雪になるかもしれないという予報も出ているぐらい、寒さが厳しくなってきた。寒くなると行きたくなるのが温泉。山梨には昭和の香りのする落ち着いた日帰り温泉がある。

■源泉かけ流しの湯

f:id:polepole103:20141227150300j:plain

 中央高速双葉SAの近くにあるのが「湯めみの丘」という日帰り温泉施設。高速道路のICからは少し距離があるが、ETCカードを利用していればサービスエリアから直接一般道に出られるので便利だ。

 この温泉施設は山梨にある日帰り温泉の中でも人気投票を行うと上位に入る施設で、先日覗いたサイトでは堂々の2位に入っていた。「源泉かけ流し」という点も人気となるひとつだと思うが、それ以外にもひきつけられる雰囲気がある。

f:id:polepole103:20141227160057j:plain

  日帰り温泉施設は各地に人気の施設がたくさんあって、設備も綺麗で豪華なところが多くなってきた。なかにはレストランが施設内にあったり大きな休憩室があったりする施設もあるし、お土産屋さんも充実しているところが多い。

 しかし、「湯めみの丘」はご覧のとおり自動販売機とちょっとした休憩スペースがあるだけ。食堂も併設されているが、昔ながらの素朴な「食堂」というイメージの食べ物屋さんだしお土産もほとんど置いていない。

 それでも人気なのは「お湯が良くてのんびりできる」ということに尽きるのだと思う。露天風呂から見える富士山も見事だし、お湯も源泉かけ流しの肌に優しく効能の高いお湯だ。硫黄の香りが良く室内に満ち溢れていることからもそのことが分かる。

f:id:polepole103:20141227150610j:plain

 建物も設備もそれほど新しくはなく、どちらかというと「昭和頃の銭湯」を思わせるような造りになっている。もちろん、設備は多少古くても清潔に保たれているし、何よりもスタッフの皆さんの笑顔がとても良くて気持ちよく利用することができる。

 私が利用したのは連休の最中だったが、観光客よりも地元の方や帰省中の家族連れが来客者のほとんどを占めていて、あちらこちらでご近所さん同士で挨拶をされている光景も見られた。そんなところを見ても、この温泉のもつ素朴さが人気の秘密なのかもしれないなと感じた。

 お湯をじっくりと楽しむならこういった雰囲気の温泉も悪くないと思う。 

◇源泉かけ流しの湯「湯めみの丘」

住所 山梨県甲斐市下今井2361-11
利用料金 大人:700円 小人(4歳~小学生):400円
営業時間 10:00~22:00
休館日 年中無休(点検整備の為、休業有)
http://www.geocities.jp/yumemionsen/

■温泉は心も身体もときほぐしてくれる

 今回ご紹介した温泉施設以外にも、山梨県には人気の温泉施設がたくさんある。有名なところでは「ほったらかし温泉」や「増富の湯」などだろうか。(いや、この二つは私が行ったことがあって気に入っているということだけの話だが)

 山梨県以外でも全国各地に日帰り温泉施設が山ほどある。まさに星の数ほどあると言っても良いだろう。一昔前までは日帰り温泉施設はそれほど多くなかったと記憶していて、温泉で名高い観光名所にある地元の公衆温泉浴場を巡り歩いたこともあった。

 日帰り温泉施設がこれほど多くなったのには、やはり「気軽に温泉を楽しんでリフレッシュしたい」というニーズが高まったからだと思う。また、「温泉宿に泊まってのんびりと過ごすのが一番良いが、時間もお金もそれほどかけずに温泉を楽しみたい」というニーズも高いのだと思う。

 温泉の成分は健康に良いというだけではなく、いつまでもぽかぽかと身体が温まっていることによって、心までぽかぽかと温かくなるという効果もある。美味しいものを食べると自然に笑顔が出るように、身体がぽかぽかと温まると心にたまった疲れも癒されるのではないだろうか。

 これから寒さが一段と厳しくなる季節。手軽に気軽に温泉を楽しむ場所が増えれば、それだけ健康に日々を過ごせるような気がする。私も近所にそういった温泉を探してみたい。