おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

盛り上がること間違いなしの「関西蚤の市」(阪神競馬場)

 先日東京で行われた「もみじ市2014」は、会場まで長い列ができるほどの盛況ぶりだった。春に行われた「東京蚤の市」も同様に大盛況だったが、今月中旬には関西でも同様に素敵なイベントが開催される。

■阪神競馬場で行われる「関西蚤の市」

f:id:polepole103:20141001052900j:plain

 10月18日(土)と20日(日)の2日間、兵庫県宝塚市の阪神競馬場で行われるのが「関西蚤の市」というイベント。東京蚤の市と同様に、手づくり品やアンティーク物などが展示販売されるほか、ワークショップやフリーマーケットなども行われる。

古き良きもの。そして、それらを愛でる人々が集うとき、
広がる光景は、人々の笑顔にあふれた、このうえなく幸せに満ちたものでした。

そんな美しい景色が、まだ見ぬ場所にもあるはずと信じていたから。
2012年に東京都調布市で産声をあげた「東京蚤の市プロジェクト」は、
この秋、西の地を目指して歩むと決めました。

新たに、古き良き“実り”たたえる祝祭の地となるのは兵庫県宝塚市。
祝祭の名は「関西蚤の市」。

そこには、暮らしに根付いた家具や食器、愛おしい言葉や写真などが散りばめられた古書、
生まれた時代や様式が映された美しいファブリック、個性豊かな雑貨など、
西日本を中心とした珠玉の店、その主人が集めたたくさんの古いものが一堂に会します。

(http://tokyonominoichi.com/kansai/about)

  今年の春に調布市の京王閣で行われた「東京蚤の市」に出かけてみたが、並べてある品物や出展しているお店がとにかくおしゃれで楽しい。同時に、何時間居ても飽きない空間ながら、とにかく人が多くて大盛り上がりだったことを思い出す。関西でもきっと素敵なイベントになるのではないだろうか。

◇関西蚤の市概要
日程:2014年10月18日(土)、19日(日)
時間:11:00 ~ 16:00
開催場所:JRA阪神競馬場(兵庫県宝塚市駒の町1-1)
入場料:無料

 

■「物々交換の本棚」が興味深い

f:id:polepole103:20141001060512j:plain

  「関西蚤の市」のイベントの中で「これは良いな〜!」と思ったのが「物々交換の本棚」という催し物。タイトルを書かずにラッピングした自分の本を持参し、誰かが置いていった本と交換して持ち帰るというもの。

 どんな本なのか分からず、知らない誰かが読んだ本を読んでみる。まるで波間を漂って砂浜に打ち上げられたボトルメールを連想するような素敵なイベントだ。東京蚤の市でも開催して欲しいなと思った。

たくさんの想いが行き交う場所となることを願って誕生した「物々交換の本棚」が、関西蚤の市でも登場します! この本棚、実は東京蚤の市では欠かすことのできない存在なんですよ。出店者やスタッフも参加するこの企画。ご来場いただくたくさんのお客様にご参加いただけますように。関西蚤の市へお越しの際は、ぜひとも本を一冊お持ちくださいね!

http://tokyonominoichi.com/kansai/956