おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

10月の連休は紅葉狩り?もうすぐ紅葉真っ盛りの季節がやって来る

今週のお題「秋の気配」

 9月も後半になってかなり涼しくなってきた東京地方。クールビズどころか朝夕は上着が手放せなくなってきたが、それでも紅葉真っ盛りとなるのは来月に入ってから。 10月中旬の三連休頃から甲信越では紅葉の見頃となりそうなので、今から紅葉の進み具合を見ながら山行を計画するのも良いなと思う。

■全国の紅葉時期が分かるサイト

f:id:polepole103:20140923192955j:plain

 「全国旅そうだん」というサイトでは、 今年の紅葉時期が分かる「2014全国紅葉最前線」というサイトがオープンしている。現在どの辺りで木々が紅葉しているかが一目で分かるようになっている。

 これを見ると当たり前のことながらまだまだ紅葉は先のようだが、北海道や本州の標高が高い場所では少しずつ色づき始めているようだ。

f:id:polepole103:20140923192908j:plain

 このサイトには面白い機能があり、 右下のバーをクリックしながら右に動かして行くと、 昨年の紅葉の進み具合が画面に表示されるようになっている。昨年は10月最初の週末には本州の北アルプスなどでは紅葉が見頃になっていて、その後、徐々に平地に向かって紅葉前線が降りて来たことが分かる。

 もうあと半月もすると今年もこういう感じになるのだろうか。とても楽しみだ。

 ■関東の平地は11月に入ってからが見頃か

f:id:polepole103:20140923193028j:plain

 写真は数年前に新宿御苑で撮影した一枚だが、東京でここまで木々の葉っぱが色付くのは11月になってから。それまでは八ヶ岳や秩父まで足を伸ばして紅葉狩りを楽しむことになる。

 様々な天気状況等を提供しているウェザーニューズによると、 今年の紅葉はまずまずの色付きとなるようだ。

今年の夏は十分な日照があり、光合成が活発に行われ、また紅葉の色を出す色素の元も活発に作られたと考えられます。一方、秋の条件は色付きに対して一長一短です。秋雨前線による日照不足は色付きに対して悪く働き、移動性高気圧がもたらす朝の冷え込みや昼の晴天は、色付きを良くします。これらの条件より、今年の色付きはまずまず綺麗になると考えられます。

「まずまずの色づき」という予報は楽しみだ。毎年満足の行く紅葉写真を撮ることができていないが、 今年こそは納得の行く紅葉の写真を撮りたいなと思う。