おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

実物大の宇宙船も見られる「宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦」

 夏休みになるといろいろなイベントが開催されるが、宇宙に関連したイベントも各地で行われる。今年は幕張メッセで大規模のイベントが注目されている。

■NASAとJAXAの取り組みを紹介したイベント

f:id:polepole103:20140719162457j:plain

 本日7月19日(土)から千葉県幕張メッセで開催されているのが、「宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦」というイベント。アメリカ航空宇宙局(NASA)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が全面協力を行っており、日本国内最大級の宇宙博となっている。

2014年夏、宇宙に挑み続ける人類の限りない夢と情熱の記録が幕張メッセに集結します。アポロ計画などのNASAによる有人宇宙開発の歴史を紹介するほか、「はやぶさ」「きぼう」「イプシロンロケット」 など近年目覚ましい成果をあげるJAXAをはじめとする、日本の宇宙開発の取り組みも一堂に展示します。人類初の宇宙飛行から約半世紀。私たちが遂げてきた飛躍の歴史と現在、そして未来をその目で確かめてください。

http://www.space-expo2014.jp/outline

 会場には国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」や、日本で初公開となるNASAの火星探査機「キュリオシティ」の実物大モデルなど、約500点の資料が展示されている。

 夏休みの課題研究にも良いだろうし、宇宙開発の歴史を知ることで星空への興味を育てるのも良いだろうなと思った。

◇「宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦」

会期  :2014年7月19日(土)~9月23日(火・祝)※会期中無休

開場時間:午前9時30分~午後5時(入場は閉場の30分前まで)

会場  :幕張メッセ 国際展示場10・11ホール

入場料 :一般 (当日)2,500円 (前売)2,200円

     高校・大学生 (当日)1,500円 (前売)1,200円

     小・中学生 (当日)900円 (前売)800円

 ■実物大の宇宙船も展示

f:id:polepole103:20140719165141j:plain

(http://www.space-expo2014.jp/constitution)

 今回の宇宙博では会場が「NASA展示エリア」「JAXA・国立天文台展示エリア」「火星探査展示エリア」「未来の宇宙開発展示エリア」「8Kスーパーハイビジョンシアター」と分かれていて、それぞれに目玉となる展示がされている。

 スペースシャトルと操縦席部分の実物大モデルやアポロ月面車の実物大モデルなど、「実物大モデル」がかなりたくさんおいてあり迫力がありそうだ。また、はやぶさが持ち帰った改修サンプルの実物や火星や月に関連する隕石の実物など、「実物」も展示されているのでさらに興味深く見ることができるのではないだろうか。

 私が子どもの頃に大阪で行われた大阪万博では、アポロ計画で持ち帰られた「月の石」が展示されて大勢の人が詰めかけた。当時、鹿児島で少年時代を過ごしていた私は大阪万博を見学する機会がなかったが、テレビのニュースや初年雑誌などで見て遥か彼方の月や宇宙に想いを馳せたのを思い出す。

 宇宙を知ることは地球を知ることであり、最終的には人と人とのつながりを考えることにつながると思う。そういう意味でも興味深いイベントだなと思う。