おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

素敵な未来への手紙「おもひでカプセル便」

 私は手紙が好きです。電子メールは便利で日常的に使っていますが、きちんとしたお礼や大切な人へのお祝いは、下手ながらも心を込めて自筆で手紙を送っています。人の手を経て相手に届く手紙は、自分がもらった時にとても嬉しいなと感じるからだ。

 そんな手紙好きな私が見つけたのが、とても素敵な未来への手紙だった。

■おもひでカプセル便

f:id:polepole103:20140707211550j:plain

 「日本一短い母への手紙」でも有名な福井県坂井市丸岡町。 その丸岡町にある(財)丸岡町文化振興事業団が手がけているのが、『おもひでカプセル便』というサービス。

 このサービスは自分で書いた手紙や自分で撮影して録画したDVDを預かってくれるという者で、最長で20年間預かってくれたうえに希望する日時に配達してくれる。まさに手紙のタイムカプセルだ。

■ お預かりする期間

最短14日から最長20年まで、お預かりの期間をお選びいただけます。(3年まで・5年まで・7年まで・10年まで・13年まで・15年まで・17年まで・20年まで)

■収納物について

お手紙(便箋)の他に、写真・DVD・CD等を規定の重量(100g・250g・4kg)までお預かりできます。皆様の様々な「想いの品」を封入し、未来へお届けいたします。 但し、著しく劣化または腐敗するものや、水分を含むもの、発火性のあるもの、危険物、紙幣や金券、有価証券等はお預かりできません。また、収納用封筒に入る大きさのものとさせていただきます。

(http://omoide.ccu.jp/main/omoide.html)

 料金は大きさ・重さと預かる期間に応じて分かれていて、2,100円から23,600円までとなっている。私がこのサービスを初めて知ったのは7年前だが、それから料金がまったく変わっていないというのがまたすごい。

f:id:polepole103:20140707212722j:plain

http://omoide.ccu.jp/main/pricelist.html

f:id:polepole103:20140707212729j:plain

http://omoide.ccu.jp/main/pricelist.html

 なかなか心優しく素敵なサービスだと思う。相手の気持ちを大切にする人こそ、こういったサービスを選ぶのかなと感じた。

■どういうシーンで使おうか

f:id:polepole103:20140707220059j:plain

 ホームページの利用例を見ながら、自分ならどういうシーンで使うかなとあれこれと思いを巡らせてみた。「手紙のタイムカプセル」ということもあって、ホームページでは結婚式や卒業式などの人生の節目に使うという例がいくつも紹介されている。

 それも素敵な使い方だと思いながら、例えば家族全員で書いた手紙や思い出になるような写真やビデオをDVDを入れて、子どもが二十歳になった誕生日に届くようにするというのはどうだろう。ありきたりの思いつきかもしれないが、そんな使い方も悪くないかなと考えたりもした。

 未来に向けた郵便。 皆さんだったらどんな使い方を思いつくだろうか。