おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

「伝統的七夕」は灯りを消して星空を楽しもう「伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン」

 明日は7月7日、七夕の日。古くから親しまれてきた日本の伝統行事だが、旧暦に照らし合わせた「伝統的七夕」は一ヶ月先の8月2日。それに合わせてライトダウンキャンペーンというイベントが行われる。

■電気を消して夜空を取り戻そう

f:id:polepole103:20140706085044j:plain

 来月やってくる伝統的七夕の夜に、 街の灯りを消して綺麗な夜空を楽しもうという取り組みが「伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン」宇宙航空研究開発機構(JAXA)の阪本成一教授が委員長となって行われる取り組みだ。

 東日本大震災が起きた2011年から始まったこの取り組みは、今年も伝統的七夕当日の8月2日(土)と翌日3日(日)の2日間にわたってライトダウンのキャンペーンが行われる。

2014年8月2日(土)は伝統的七夕の日。いわゆる旧暦の7月7日にあたります。宵空には上弦前の月が輝き、空高く七夕の織姫星・彦星も見つけることができます。 さらに夜空が暗ければ深夜に天の川も楽しむことができるでしょう。ご家庭や職場では不要な明かりを消したりカーテンを閉めるなどして、一斉にライトダウンをしませんか。七夕の夜空を飾る星々に願いを託し、ライトダウンの輪を全国に広げ、美しい星空を次の世代へと伝えていきましょう。 (http://7min.darksky.jp/)

 天の川におり姫星にひこ星。仮に電気を消すことで少しでも空が本来の暗さを取り戻すのであれば、素晴らしい星空観望が楽しめそうでワクワクする。

 今年のスローガンは「ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜」。 お祭り騒ぎのイベントを行うというのではなく、賛同してもらった個人や団体にお願いして2日間だけライトダウンを行うという取り組みは、 七夕という静かなイメージの風物詩にピッタリだなと思う。

 なお、サイトではキャンペーンに合わせて各地で行われるイベントも紹介している。科学館や天文台で行われる観望会やイベントなど、親子で楽しめるイベントがたくさん紹介されているので、夏休みのひと時を楽しんでみるのも良いのではないだろう。

伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン

■「伝統的七夕」ってなんだろう

f:id:polepole103:20140706101522j:plain

 現在の7月7日が梅雨の真っ最中になったのは明治の改暦が原因で、もともとの七夕は太陰太陽暦の7月7日に祝っていた。しかし、明治6年(1873年)から西洋式の太陽暦を使うようになったため時期がずれてしまった。

 明治の改暦の時にはその年の12月が2日しかなくなったりと、一気に様々な不都合が生じたという話が有名だが、七夕が一ヶ月早くなってしまったのも改暦の影響があったひとつである。

 太陰太陽暦でいう7月7日は新暦では例年8月上旬頃なので、梅雨が明けてお盆で暑さがピークの頃。日本の暦を定める国立天文台では「伝統的七夕」という言葉を使い、旧暦とは別の方法で「伝統的七夕の日」を定めている。

■灯りを消して星を楽しもう

 「灯りを消してスローな夜をすごそう」という呼びかけで始まったのが、 毎年、夏至と冬至の日前後に行われている「キャンドルナイト」という取り組み。取り組み自体が一定の成果をあげたという理由で大規模な取り組みはなくなったが、それでも各地で毎年夏至と冬至の日にイベントが行われている。

 今回の「伝統的七夕ライトダウン2014キャンペーン」も同様の取り組みだが、こちらは「街の灯りを消して星空を楽しもうよ」という明確なメッセージも込められている。

 都市の照明で夜空が明るくなり星が見えにくい「光害(ひかりがい)」は、東京や大阪などの大都市ばかりではなく、 地方都市でも徐々に広がっているらしい。

 街が明るいというのは防犯上も大切なことだし、都市機能を円滑に行うという点でも大切なことだと思う。しかし、過剰な広告や必要の無い場所にまでつけられている照明があるのも事実で、「星を見ようよ」という以前に「資源がもったいない」ということにもつながる。

 綺麗なイルミネーションを楽しむにも周辺の明かりは無いほうが綺麗だし、真っ暗な原野にぽつんと灯りの灯った家があるというのは、それだけでも絵になる風景だなと思う。暗闇があるからこそ灯りが一層素敵に感じる。そんな素朴な感動を味わうことも時には大切なことではないだろうか。

 「伝統的七夕」の日はライトダウンをして夜空を見上げる。そんな夏のひと時を過ごしてみるのも良いかもしれない。