おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

時間をコントロールすることで日頃のストレスを和らげる

 今週のお題は「ゴールデンウィーク2014」。毎年ゴールデンウィークには遠出をせず近場での散策などを楽しんでいるが、ゴールデンウィークに限らず連休の時には時間のコントロールを意識している。

 好きな本をたくさん読んだり部屋の片づけをするなど、長い休みの時には普段できないことをやりつつも、時間を自分でコントロールすることで日頃のストレスを和らげている。

■時間をコントロール出来ないことのストレス

f:id:polepole103:20140505092904j:plain

 仕事や生活をしていてストレスを感じる場面はいろいろとある。内容は人それぞれだと思うが、人間関係や金銭関係が割と円滑に進んでいる人でも「時間をコントロール出来ないこと」のストレスは大きいのではないだろうか。

 特に職場ではその傾向が大きくて、自分の意向とは裏腹に出たくない会議が入ったり、仕事の締め切りがあるのに他の仕事が飛び込んできたりと、結果的に残業で片づけるという人が多いのではないだろうか。

 時間をコントロールする方法はいろいろなビジネス本などで紹介されているが、それでも他人に時間をコントロールされながら一日が過ぎることは防げない。というよりは、仕事はそうやって進むものなんだろうとは思う。

 時間をすべて自分でコントロールする方法は無く、「自分でコントロール出来る時間を増やす」ということが現実的なゴールかもしれない。

 自分が計画したとおりに時間が使えないというのは、忙しければ忙しいほど強いストレスになる。時間は取り戻せないだけに「打ち合わせが続いたためにもう夕方だ」というのは、自分の仕事が山盛りの人にとっては強いストレスとなる。

■連休は時間を自分でコントロールしてみる

 休日と行っても通常の土日ではなかなか時間のコントロールが行いにくい。平日が仕事で忙しい人ほど週末にも用事があり、「用事を片づけているうちに土日の休みが終わってしまう」ということもあるのではないだろうか。

 だからこそ、ゴールデンウィークのように長い休みには、自分で自分の時間をコントロールしてみたい。かといって、家族との会話をスポイルして好きなように休日を過ごすということではない。それだと別なストレスがたまってしまう。

 自分で時間をコントロールするためには、連休の前半に「片づけなければいけない用事」を集中して片づける必要がある。部屋でくつろぐために、まずは部屋を片づけるのと同じだ。

 普段の土日と同じペースで用事を片づける。車にガソリンを入れたり、ご近所の用事を済ませたりといった休日のルーチンワークを淡々とこなす。残りの休日を自分でコントロールするためには、片づけなければいけない用事を休日の長さにまぶしてはいけない。

■連休を充実させるための三原則

 そう考えると、連休だからこそ心がけたいことがある。

1.起床・就寝時間をいつもどおりにする

 「休日だから朝寝坊」「明日は休みだから夜更かし」というのはやめたい。やりたいけどやめた方が良い。逆に「早寝早起き」を敢行することで一日の時間を有意義に使える。

2.予定は緩やかに立てる

 時間をコントロールするといっても「何時までには何をやって」というように、あまりきっちりと予定を立てすぎるのは禁物。それができなかった時に新たなストレスとなる。予定はあくまでもゆるやかに「午前中はゆっくりと本を読んで、午後の早い時間に書類の片づけ、夕方には近所の散策」という程度が良い。簡単に箇条書きしておくと、自分でコントロールした感じが持ててさらに良いと思う。

3.連休の軸を決める

 ただ漫然とやりたいことをやって過ごすよりも、「今回の連休はできるだけ本をたくさん読もう」というように、緩やかな「軸」を決めておくと良い。そうすることで、何のために時間をコントロールするのかということが分かりやすくて、精神衛生上もささやかな達成感を味わえることになる。

  大切なのは予定をきっちりと決めないこと。緩やかに予定を組むことで、自分で自分の時間をコントロール出来ている感じが高まるのではないかと思う。

■予想外のことも甘んじて受け入れる

f:id:polepole103:20140505094054j:plain

(http://www.tv-tokyo.co.jp/takkyu_14/countdown/?trgt=8795#tx_photo_gallery)

 そうはいってもうまく行かないのがタイムマネージメント。私の場合には「世界卓球」に入れこんでしまって、特に女子チームが勝ち進んで行くに連れてついつい夜更かししてしまう。今日は中国との決勝戦だし、タイブレークまで行くと夜更かしは必須だと思う。

 それでも「夜はのんびりと卓球観戦をする」ということを自分で決めてしまえば、ちょっとした予定変更として自分自身を納得させられる。

 要は「自分で決めたとおりに自分の時間を使う」ということが時間をコントロールすることなので、いかに「自分で決めたんだ」と思い込めるかがストレスを和らげるコツかもしれない。

 私にとっては「世界卓球、恐るべし」なのである。