読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

伊豆にある町民のための日帰り温泉施設「湯~トピアかんなみ」

おでかけ情報

 寒くなってきましたね~。しばらく暖かい日が続いていた東京ですが、今朝から氷点下になる場所があるなど寒さがぶり返してきました。寒い時には温泉。ちょっと足を伸ばして温かい場所で温かい温泉に入るというのは、冬ならではの楽しみ方です。

■伊豆の玄関口にある「町民のための日帰り温泉」

f:id:polepole103:20140906072727j:plain

 ご紹介するのは東名高速沼津ICから南伊豆に向かったところにある、函南町の「湯~トピアかんなみ」。幹線道路から少し外れているのであまり目立ちませんが、ゆっくりとくつろげる日帰り温泉施設です。

 元々は「町民の健康増進及び福祉の向上並びに地域の振興に寄与すること」という目的のために町が建てた施設で、指定管理者方式で運営が行われています。

 設置の目的が「町民の健康増進」という言葉から始まるのも素晴らしいですし、管理運営の基本方針にも「多くの町民が利用することで、町民に親しまれ町民の健康・福祉の増進に役立つ施設とする。」という言葉から始まります。

f:id:polepole103:20140906072645j:plain

 観光客のための温泉施設ではなく町民のための温泉施設。湯船に浸かっていてもご近所同士の挨拶が交わされていたり、フロントで気軽に話をされたりしている様子がとても良いなと思います。  そういえば売店にも「観光客用のお菓子」が少ししか見当たらず、逆に野菜や焼きたてパンなどの家庭で使う食べ物が並べられていました。

■ゆったりとした湯船や富士山を眺められる露天風呂も魅力のひとつ

f:id:polepole103:20140906072836j:plainf:id:polepole103:20140906072843j:plain

(参照:http://yu-topiakannami.jp/about.html)

 ゆったりとした湯船は室内に「大風呂」「気泡風呂」「寝湯」「サウナ」があり、屋外には富士山を望める「露天風呂」があります。

 また、男湯と女湯に挟まれた場所にはプールとジャグジーがあり、水着を着用することで一年中泳げるようにもなっています。

 観光バスが横付けされることのない地元の日帰り温泉施設。皆さんも機会があればぜひ立ち寄ってみてください。

■「湯~トピアかんなみ」

住所 静岡県田方郡函南町柏谷259番地

料金 大人700円、子ども(小学生)300円

    ※3時間以内 開館 10時~21時 休館 火曜日及び1月1日

    (火曜日が祝日の場合は翌平日が休館)

http://yu-topiakannami.jp/