おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ボルダリングの入門雑誌「CLIMBING joy(クライミングジョイ)」(No.11)

 数年前から人気が出てきたボルダリング。ロープを使わず岩や室内の人工壁を登って行くスポーツですが、手軽さも手伝ってまだまだ人気は衰えていないようです。それでも他のスポーツに比べて情報が少ないのは否めませんが、初級者向けの情報誌が年に2回発売されています。

■初級者向けの分かりやすい雑誌「クライミングジョイ」

CLIMBING joy No.11 (別冊山と溪谷)

  昨年10月に発売されたのが山と渓谷社発行の「CLIMBING joy No.11 (別冊山と溪谷)」。毎年4月と10月に発行されているこのクライミング雑誌は、主に初級者を対象とした雑誌でとても分かりやすい内容ばかりなんです。

〔主な内容〕
・特集=ボルダリング入門  ボルダリングって何? どう登ればいいのか?  シューズについてもっと知りたい、じゃあ外岩でも行ってみようか、ボディケア等、ボルダリング入門のためのA tozを徹底的に紹介した 「ボルダリングスペシャル」 。

・グラフ=石にハマるオンナたち、ジムで出会ったステキ女子 ・ガイド企画=幕岩でボルダリング(関東)、笠置山でボルダリング(関西) ・ジム企画=全国クライミングジムガイド

 ボルダリングは元々クライミングの練習として自然の中にある岩を登るスポーツですが、現在は室内に人工の壁を作ったクライミングジムで楽しむ人も多くなってきています。

 専用の道具はシューズとチョークバッグだけという手軽さもあって、全国でたくさんのボルダリングジムがオープンしていますが、ボルダリングを中心とした情報誌はそれほど多く発行されていません。その中でも「クライミングジョイ」は初心者向けの雑誌として貴重な存在だなと思います。

 特にシューズの選び方やウォーミングアップの仕方、ボルダリングに必要な筋力トレーニングの方法など、初心者ならずとも参考となる記事が分かりやすく書かれているのもこの雑誌の特徴だと思います。

 ボルダリングを始めた方ばかりではなく、私のようにボルダリングを初めて数年の方にもとても参考になる一冊だと思います。

CLIMBING joy No.11 (別冊山と溪谷)

CLIMBING joy No.11 (別冊山と溪谷)

 

 ■モチベーションアップにも良い雑誌

 スポーツに限らずなんでもそうですが、ある程度上達してくると少し壁にぶつかるというか上達のスピードが鈍ってきます。それが上達してきたひとつの証拠でもあるのですが、そんな時には初心に戻るということも大切だと思います。

 ボルダリングの場合には優しい課題から徐々に難しい課題に移って行きますが、上達すればするほど“先週出来た事が今週出来ない”ということも時々あります。

 そんな時にこういった初心者向け雑誌を読む事で、基本的な身体の動きを再チェックしてみたり、自宅での筋力トレーニングや体幹トレーニングの方法を知る事でモチベーションアップが図られるのではないかと思います。

 そういう意味では年に2回だけの発行で少々少ない気がするものの、この雑誌はとても貴重だと思います。