読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

東京都写真美術館で開催中「路上から街を変えていく」

おでかけ情報

f:id:polepole103:20140915161555j:plain

 東京・恵比寿にある「東京都写真美術館」恵比寿ガーデンプレイスの中にある写真や映像の美術館ですが、来年1月まで素敵な企画展が開催されています。

■日本の新進作家5名による企画展

f:id:polepole103:20140915161603j:plain

 来年1月26日まで開催しているのが「路上を街から変えていく」という企画展。日本の新進作家5名によって開かれている展示会です。

“シリーズ第12回目となる本展は「路上から世界を変えていく」をテーマとして、世界と向かい合う行為を象徴する「路上」という場所に焦点をあて、2010年代日本の新たな視点や表現を切り開く写真家たちをとりあげていきます。写真の歴史上、多くの写真家たちが「路上」を舞台としてストリート写真という形で優れた作品を生み出してきました。「路上」は現実と対峙する場であり、偶然性や思いがけない出会いの場として、様々な芸術家たちを魅了してきました。”

 写真の世界は幅広くて奥深いなと思いますが、様々な手法を凝らして撮影される写真もとても魅力的です。この企画展では日本の新進作家5名が、それぞれの考えと技法で新たな世界を展開しています。

“本展の出品作家たちは、たんに路上で撮影をするだけではなく、「路上」という日常の場所から出発して、今という時代についての考察を行い、自身の立ち位置を模索し、視覚作品という形で、見るものの世界観やものの見方、感じ方を変えていくような意志と契機をはらんだ創作行為を行っています。”

 私も先日観覧しましたが、どの写真も思いがけない方法で撮影されていて、とても興味深く拝見しました。こういう考え方や撮り方もあるんだなと、心地よい感激をいただいた企画展でした。

○「路上から世界を変えていく」日本の新進作家vol.12

会 期: 2013年12月7日 ( 土 ) ~ 2014年1月26日 ( 日 )

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)、

    および2013年12月29日~2014年1月1日

     ※2014年1月2日・3日は年始特別開館

料 金:一般 700円/学生 600円/中高生・65歳以上 500円

http://syabi.com/contents/exhibition/index-2017.html

■あの「浮遊写真」もありました

 

f:id:polepole103:20140915161612j:plain

(http://syabi.com/contents/exhibition/index-2017.html)

 今回の写真展で楽しみにしていたのが林ナツミさんの写真。浮遊感漂う不思議な写真が大好きです。

 林ナツミはさんは2011年元旦から「本日の浮遊」というタイトルでブログ掲載を開始し、ブログだけではなくツイッターフェイスブックで自分の活動を展開。ニューヨークタイムズなどもこの活動を写真とともに紹介しました。

 重力を感じさせない独特の雰囲気を持った写真は、今までの風景写真やポートレートというジャンルの枠を飛び越えて、新たな写真の可能性を示してくれているのかなと感じます。

参考)

「よわよわカメラウーマン日記」

http://yowayowacamera.com