おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

暮らし

文具メーカーが作ったエコ商品「ぺんてるマルチプレス」

蕎麦屋やうどん屋でも、カレーライスがメニューにあるお店は案外多い。そして、いわゆる“蕎麦屋のカレー”が案外美味しいのも事実だ。文具メーカーも同様で、意外なものを製造販売している会社もある。そしてそれが、意外と使いやすかったりするのも面白い。 …

今回も大にぎわい!「第13回 東京蚤の市」初日の様子を写真でご紹介

今日から始まったアンティークの祭典「第13回東京蚤の市」。会場となっている調布市の京王閣は、今回もまた大勢の人で賑わっていた。 個人的には「活版印刷」が大好きなので、啓文社印刷の手キン(手動の活版印刷機)に目が釘付けになってしまった。年に2回の…

100均ショップで買った「スマホ置きミニチュアパイプ椅子」が妙に良い

100円均一のショップでは、ありとあらゆるモノが売られている。今や無いものはないと思えるほど品数が豊富だが、その中でも面白い雑貨にはついつい手が伸びてしまう。 ミニチュアパイプ椅子がスマホ置きに 先日覗いた吉祥寺のCan★Do(キャンドゥ)に置いてあ…

飽きずに長く使えるセルロイド製メガネケース

メガネを使うようになって40年以上が経つ。メガネが必要だとは言っても、幸い「かけないよりもかけた方が良く見える」程度の視力の悪さ。運転免許が裸眼ではギリギリアウトという視力なので、外して持ち歩くことも多い。そんなときに愛用しているのが、昔懐…

この時期頼りになるのは我が家的には「クレベリン」

2月に入って寒さも厳しくなってきた。寒くなってくると湿度も下がり、風邪やインフルエンザも猛威をふるってくる時期だ。実際に今年もインフルエンザの流行がピークになりつつあって、電車の中でも咳き込んでいる人が増えてきた。 昨年もご紹介させていただ…

散らばりがちな道具はミニコンテナで片付ける

筆記類やハサミ、カッターナイフやマスキングテープなど、文具・小物はとかく散らかりがちだ。引き出しの中に整理して入れておいても、机を離れて作業するときなどにはいちいち取りに行かなくてはならず不便だ。そんなときのために、持ち運べるミニコンテナ…

非常時に備えて軽量コンパクトな「suaoki ポータブル電源 S270 」を常備してみた

お正月明けに東京で震度4の地震があり、思わず東日本大震災の直後を思い出した人も多かったのではないだろうか。我が家でもスマホの警報が鳴り、私も当時のことを思い出した。幸い今回の地震では停電などの被害はなかったが、災害は忘れた頃にやってくるとい…

今年はさらに素晴らしさがアップ!札幌「草の実工房もく」のオリジナル卓上カレンダー

仕事始めから二日で週末になり、なんとなくホッとした年初めだった。職場でも年末に片付けきれなかったデスク周りを整理し、遅まきながら新たな年がスタートできたような気がする。 年始になると毎年楽しみにしているのが、北海道の友人から届く卓上カレンダ…

今年は日めくり!「日めくり付箋カレンダー『himekuri』」で新年がスタート

年末年始の休暇も過ぎて、仕事的にも新しい年が始まった。良いことも悪いことも含めてリセットできるのが、日本の新年における習慣や考え方の良いところだ。そういう意味を込めて、今年は自宅の卓上カレンダーも日めくりカレンダーを使い始めた。 クラウドフ…

年賀状を書き忘れていたらウェブサービスを利用してみるのも良い

毎年のことながら、この時期になってもまだ年賀状を出しきれていない。今年こそは早めにといつも思うのだが、気かつけばクリスマスが過ぎているというのが常だ。今年も困ったときのウェブ頼みで年賀状を出そうと思う。 ウェブで年賀状を送れる「ウェブポ」 …

さあ、そろそろクリスマスに備える時期だ!「サンタさんからの手紙」受付中

文房具に関連したブログを書いていると、季節感を感じるものがかなり早く店頭に並ぶことに気がつく。9月が過ぎると翌年のスケジュール手帳が少しずつ店頭に並び始め、10月に入るとカレンダーを含めて翌年の商品が店頭を埋めるようになる。そして、毎年お伝え…

毎日夜空を見上げたくなるカレンダー「宙(そら)の日めくりカレンダー」

懐かしい文房具とコラボした日めくりカレンダーが人気だ。その記事を書くのに販売元のホームページを拝見していたが、同じくらい気になるカレンダーが発売されていた。毎日カレンダーをめくるたびに、思わず夜空を見上げたくなるカレンダーだ。 宇宙を意識さ…

スマホカバーも文房具系が良い!・・・とは思うものの

先日、知人が新しいスマホカバーを見せてくれた。私が文房具好きということを知っていて、サクラクレパス柄のケースを教えてくれたのだ。このケースはいろいろなタイプのスマホにフィットするものこと。他にもいろいろなタイプがあるようだ。 文房具系のスマ…

リライト版【夏休みの工作】親子で楽しむ「ミョウバン結晶」の宝石作り

夏といえば子どもの頃の夏休みの宿題を思い起こすが、皆さんは「ミョウバン結晶」をご存知だろうか。「焼きミョウバン」は スーパーなどでも売っている白く荒い粒の品物で、ナス漬けの紫色を保つためなどに使われるもの。それを結晶化させて作るのが「ミョウ…

靴下を止める「ソックタッチ」が45年前からあることよりも今もあることに驚いた!

どんなに重宝して使っていても、自分が使わなくなると存在自体を気にしなくなるということがある。非常に申し訳ない話だが、靴下を止めるアイテムも同様だった。 45年前に登場した「ソックタッチ」 皆さんは「ソックタッチ」をご存知だろうか。白元アースと…

夏休みの工作に、エコな「新聞紙バッグ」作りを親子で楽しむ

自分が子どもの頃の夏休みの工作には色々な思い出がある。ヤクルトの飲み空を使ってロボットを作る友達がいたり、ものすごく巨大な割り箸ゴム鉄砲を作ってくる友達がいたりと様々だった。ちなみに、私はカルピスの空き箱の中に発泡スチロールで箱庭を作るの…

リクエストにお応えして「ケヤキの枝のフック」作りと「アメリカンホイッピング」をご紹介

むすこが小学生ぐらいの時には、一緒に色々な工作を楽しんだ。風が強かった日の翌日はケヤキ並木に行って、風で折れた枝を拾ってきては工作を楽しんだりした。妻にしてみれば良い迷惑だっただろう。その時に「アメリカンホイッピング(からめ止め)」という…

キングジムが作った「手づくり時計ムービー」が見ているだけで落ち着くと評判!

平日も休日も時計は常に意識する道具だろう。時間が過ぎるのが待ち遠しかったり、締め切りギリギリなどでもっとゆっくりと時間が過ぎてほしいなど様々だ。一日に何十回と見る時計だが、思わず見入ってしまう「手づくり時計ムービー」をキングジムが公開して…

【新商品情報】キングジム新防災セット、「外箱が枕になる」という細やかさがさすがだと思う

東日本大震災発生以降、様々な防災用品が登場した。その中には文具メーカーから発売されている商品も多いが、キングジムが新たに発表した防災用品がさりげなく細やかで良い。 外箱が枕になる防災セット http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_21…

可愛い花粉測定器「ポールンロボ」が今年も花粉量を測定中!

私は幸い花粉症ではなく、家族も幸い花粉症ではない。しかし、あくまでもそれは昨年までの話で、今年はどうなるかわからない。それが花粉症なのだそうだ。 今年もそろそろ花粉が飛散する季節になってきて、私の周辺でも既にくしゃみなどの症状に悩んでいる人…

キングジム「デジタル耳せん」で集中力を高める

集中したい時に、パーテーションなどで空間的に自分を隔離する。それも一つの方法だが、雑音をカットするというというのも一つの方法だ。2年前に購入した「デジタル耳せん」を現在も愛用しているが、集中力が散漫な時に重宝している。 雑音をカットする「デ…

吉祥寺発のバッグ「COAROO(コアルー)」はユニバーサルデザインの優れものだった

地域発のアイデア商品というのがいくつもあるが、昔の知恵を生かした新発想のバッグとベルトが発売されていた。ちょっとしたことだが、なるほど便利な機能だなと感心した。 たすき掛けとおんぶ紐からの新発想 東京都武蔵野市吉祥寺の小さなメーカーCOAROO(コ…

いかん!年賀状がまだだ・・・今年も「ウェブポ」で年賀状作りに勤しむ

毎年「今年こそは余裕を持って年賀状を書こう」と思う。思うのだが、師走の声を聞いてクリスマスが過ぎて、ぼやぼやしているうちに明日は仕事納めとなってしまった。師走の忙しさにかまけて、今年もまた年賀状書きが延び延びになっている。 最近では年賀状を…

ショートケーキ味の焼きそば「一平ちゃん夜店の焼きそばショートケーキ味」を食べてみた

食べ物の味付けとして「美味しい」「美味しくない」という評価の他に、「意外といける」「面白い味」「セーフ」「アウト」というようなものがある。最近、巷で話題のショートケーキ味の焼きそばはどうなのか、実際におやこで食べてみた。 ある意味では斬新な…

サンタクロース追跡サイト『NORAD TRACKS SANTA』を見てクリスマスを指折り数えよう!

今年の東京は9月に入っても10月になっても暑い日が続き、かと思うと11月には観測史上初の積雪があるなど「秋」が一瞬で飛び去ったような気がする。気がつけば今年も残すところ20日あまり。クリスマスの時期もやってくるが、今年もまた「サンタクロースを追跡…

一度はやってみたい缶バッジづくり

時間がある時には手作りをするのも好きで、竹を削って箸やスプーンを作ってみたり、空き缶を利用してバーナーを作ったりしたこともある。ごくごくささやかなモノづくりだが、自分で作ったモノには愛着を感じる。 モノづくりには道具が必要だが、専用の道具が…

汗っかきの人に朗報!「汗とおる君」でバックパックを快適に背負う

以前は登山やハイキングなどアウトドアで使われていたバックパックが、最近ではビジネスマンや学生も日常使いをするようになった。形状や仕様も多種多様になっているが、夏場に気になるのが背中の蒸れだ。気がつくと背中がびっしょりということになりかねな…

【夏休みの体験】金属研磨体験ができる「燕市磨き屋一番館」は親も子も真剣に楽しめる場所だった

モノ作りの現場を見学することは、大人にとっても子どもにとっても貴重な体験だ。それが手作業の職人技だとなればなおさらだろう。金属加工が地場産業の新潟県燕市で、「磨く」という作業の見学だけではなく、職人さんから直接指導してもらえる施設がある。…

打ち水で過ごしやすくする「打ち水大作戦2016」と、夏にピッタリのブックカバー

梅雨が明けたかと思うと猛烈な暑さが訪れ、外を歩いていると全身の水分が抜けるのではないかと思うほど汗をかく。コンクリートやアスファルトに囲まれた街中では特に暑さを感じるが、日本では昔から「打ち水」という独自の風習で暑さをしのいできた。 今年も…

「52個の大好き!」を贈ることができるトランプ型のラブレター

ありがとうという言葉を伝えるのは簡単だが、「大好きだ」という気持ちを直接伝えるのは案外難しい。そんな「大好き」を52個も伝えられるアイテムを見つけた。 名刺屋さんが作る「トランプラブレター」 先日、用事のついでに立ち寄った先で見かけたのが、絵…