読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【新商品情報】進化する多機能ボールペン「シャーボ」、今度は「スター・ウォーズ バージョン」が新登場!

多色ボールペンと多機能ボールペンとは、似ているようでちょっと違う。多色ボールペンは何色ものボールペンがワンセットになったもので、価格も割と手頃なものが多い。一方で、多機能ボールペンはボールペンとシャープペンシルなどが一体化した商品。一本あ…

コクヨさんから素敵なノベルティセットをいただいた!

今年も残すところ一週間ほどだが、年末ともなると日頃からお付き合いのある方々と挨拶をする機会が多い。お世話になっている皆さんに挨拶に行き、簡単なお礼の品物をお渡しして今年のお礼を述べるというのが一般的だろう。こちらから出向くこともあればお越…

【新商品情報】来年の話ながら、自分だけの手帳が作れる「ネットde手帳工房」が楽しみだ

毎年秋口には翌年のスケジューラーや手帳が店頭に並び始め、12月に入ると年末分のカレンダーがついているタイプでは既に使い始めている時期だ。 毎年悩む手帳選びだが、自分の好みで自分だけの手帳が作れるとすればその悩みも少しは解決されかもしれない。ウ…

人型のメモ紙「ワタク紙」は伝えたい相手に親しみを感じさせる伝言道具だ

付箋やメモの使い方の一つに、伝言を書いて相手の机などに貼っておくという方法がある。会社であればモニターやマウスの上などに貼ることもあるが、四角い紙に用件だけ書いてあるのは何となく味気ない。絵文字やイラストやスタンプを押すという方法もあるが…

【文具店めぐり】吉祥寺「36(サブロ)」に行って、持ち歩きたくなる小物を買う

散策も楽しい東京・吉祥寺の北口界隈だが、文房具好きとしてはやはり文具・雑貨の「36 (サブロ)」訪問は外せない。レトロな雰囲気の店内に、昭和レトロな商品が並んだ素敵なお店だ。現在はクリスマス時期らしい商品も並んでいて、見ているだけでも楽しい。…

「moovinカード」は動画を簡単に贈ることができる画期的なカードだ

もうすぐクリスマス。それが終わればお正月。それ以外にも、誕生日や記念日など、年間も何回もお祝い事の機会がある。そういう時にプレゼントに添えるものといえばメッセージカードだが、心を込めて手書きのメッセージを贈るだけではなく、動画メッセージを…

文房具好きの祭典『文具祭り』に初参加!楽しくてたまらないひと時だった

以前から一度参加してみたいイベントがあった。文房具好きの方なら良くご存知のイベントなのだが、常に仕事が入ったり出張が入ったりと土壇場で参加できないということが続いていた。ようやく今回、念願叶って参加することができたが、想像していた以上に楽…

我が家のロングセラー商品「ラインカッター」、すでにバージョンアップしていた

我が家は何かと物持ちの良い一家で、買ってから10年近く使っている道具というのはざらにある。家電製品をはじめとして文房具類も壊れるまで使うというのが常だが、その中でも日頃から重宝しているラインカッターが新しくなっていて驚いた。 手軽に裁断できる…

【新商品情報】風邪の季節に便利!「マスクの使用中・未使用がわかるマスクケース」がリヒトラブから新登場

電車の中でもショッピングセンターの中などでも、咳をしている人が目立つようになってきた。今年はインフルエンザが例年よりも早いペースで流行しているようだが、それとともに風邪の流行も勢いを増しているようだ。予防のためにもマスクを使うのは当たり前…

鉛筆だけど蛍光ペン、一本で二役「鉛筆の蛍光マーカー」

文房具の中でも蛍光ペンというのは使われる頻度が多く、学生でも社会人でも必ずお世話になっている文房具の一つだろう。暗記物にマーキングしたり資料の重要な部分をチェックしたりと、何かしらお世話になっている商品だ。蛍光ペンは文房具メーカー各社から…

2016年に買って良かった文房具類10選!

お題その2「今年、買ってよかった物」 文房具好きで文房具選びが趣味なので、毎年たくさんの文房具を買っている。どれも良いものばかりなのだが、その中でも「これは買って良かったな」というものがある。数え上げてみたらたくさんあって困ったが、その中で…

【新商品情報】書き心地抜群の「飾り原稿用紙」に小さいサイズの「ふたふで箋」が新登場!

なんでも小さければ良いというものではない。逆に、なんでも大きければ良いというものでもない。道具には手頃な大きさというものがあって、万年筆やノートなどでも極端に大きなものや小さなものは使いにくいだろう。 しかし、従来の大きさを見直すことで逆に…

【新商品情報】コクヨがプラスチック座布団「Stoop(ストゥープ)」を限定商品として発売

座布団の起源には諸説あり、平安時代や鎌倉時代から使われていたという説がある。庶民にまで広く普及したのは江戸時代になってからのようだが、それだけ座布団は日本の文化として浸透している。座布団を枕にして昼寝というのは、休日の過ごし方として至福の…

3個目のトラックボールマウス「M-XT3DRBK」を自宅用に使い始めた

プライベートでMacBook Airを使っているが、普段は家でも外出先でもマウスは使わずもっぱらトラックパッドで済ませている。しかし、写真を加工したり表計算ソフトを使ったりする場合には、やはりマウスが便利で効率的だ。マウスにもいろいろな種類があるが、…

月光荘画材店の「8B鉛筆」と「鉛筆キャップ」でちょっと良い気分に浸る

鉛筆を使う機会がめっきり減った。シャープペンシルもそれほど使う機会があるわけではないが、鉛筆となると資格取得で検定試験を受けるときぐらいしか使わない。それでもたまに使うとその軽さに驚くとともに、鉛筆にしかない書き心地の良さを再認識する。そ…

【書店めぐり】京都の素敵な書店といえばここ!「恵文社 一乗寺店」に行ってきた

京都に行ったら一度は行ってみたいと思っていたのが、”本にまつわるあれこれのセレクトショップ”をうたっている「恵文社一乗寺店」。数年前から行ってみたいなと思っていたが、今回念願かなって訪れることができた。 書店を超えた書店 JR京都駅から電車を乗…

【新商品情報】コクヨのロングセラー商品が来年早々に新シリーズ「フラットファイルNEOS」を投入!

書類を綴じるのに、少し前までは穴を開けていた。二穴パンチが職場でも家庭でも当たり前のように置いてあったが、いまでは穴を開けずにクリアファイルなどに入れてそのまま保存することも多い。そんな世の中の動きに合わせて、あのロングセラー商品も変化を…

色々な分野に挑戦する会社がボールペンも作っていて驚いたというお話

見せてもらったのは、京セラの「セラミックボールペン ガンメタ KC10A」という筆記具。正直言って、京セラがボールペンを作っているとは知らなかった。このブログを京セラ関係の方がご覧になっていたら誠に申し訳ない話だ。

【新商品情報】小さなお子さんに上手な手洗いを教えるスタンプ「おててポン」

寒くなってきて風邪も流行ってきた。今年はインフルエンザの流行が例年の4倍以上だそうで、電車やバスでも咳をしている人を多く見かける。風邪の予防には手洗いとうがいが欠かせないが、小さなお子さんにそれを教えるのは簡単なことではない。それを楽しく遊…

誰もが見たことのある「とび太くん」がコクヨグループとのコラボで文房具になっていた

道路には様々な交通標識が溢れている。運転免許をお持ちの方なら、筆記試験のために一生懸命に覚えたことを思い出すだろう。また、交通標識以外にも注意を喚起するための看板類がいくつもあって、直立不動の警察官などはポピュラーかもしれない。そんな「誰…

【新商品情報】座った場所が即デスク、社内持ち運び用バッグ「mo-baco(モ・バコ)」が道具箱的で便利

職場の席は固定されているものというのは昔の感覚で、最近でフリーアドレスと呼ばれるデスク配置が増えてきた。また、パソコンもノート型を持ち歩いて会議などに出席する人も多いだろう。そんな「職場内で移動する」というニーズに応えた商品が発売される。 …

空の上で買える、空の上でしか買えない可愛い熊の文房具「ベア・ドゥ・グッズ」

札幌から友人・知人がやってきた。仕事で東京に出張してきたのだが、仕事が終わってからわざわざ訪ねてきてくれた。久しぶりに会い、大いに食べて大いに話をしたのだが、持ってきてくれたお土産の中に空の上でしか買えない文房具が入っていて感激した。 空の…

子ども達にも荷物を詰めるワクワク感を教えたい!「こどもトランク」が可愛い

楽しみにしていた旅行のために、出かける前に荷物を詰める。そのことで旅に対する期待感がグングンと膨らんでいく。楽しみにしていた旅であればあるほど、荷物をトランクに詰めていく段階で既に旅が始まっていると言えるだろう。トランクに荷物を詰めるとい…

【新商品情報】折れないシャーペンに自動で消しゴムが出てくるタイプが登場!

シャーペンの芯を入れる部分についている消しゴムは、昔は消しにくくて使いにくい代物だった。普段使いするための消しゴムではなく、どちらかというと消しゴムを忘れた時の緊急用という感じだったのではないだろうか。ところが、最近ではシャーペンの消しゴ…

【文具活用術】ポンと放り込むコンテナ類を用意してデスク上をきれいに保つ

仕事をしているとデスク上にはいつの間にか小物が転がり、そのまま隅に置いておくうちに乱雑になってしまうことがある。机の引き出しに入れておいても結局は同じなので、デスク上を綺麗にするために「ポンと放り込むもの」を用意している。 ポンと放り込める…

一日一日を大切にするために、来年は「懐中日記」を使ってみようと思う

先日もご紹介させていただいたのが、吉祥寺のレトロな文具・雑貨のお店「36 Sublo サブロ」。レトロな雰囲気の店内に、昭和レトロな商品やちょっとおしゃれな商品がずらりと並んだ素敵なお店だが、現在は企画棚で来年のカレンダーや手帳を展示・販売してい…

【文具店めぐり(番外編)】「TeNQ(テンキュー)」内の『宇宙ストア』は文房具の品揃えも豊富なミュージアムショップだった

幻想的な映像を楽しめる、東京ドームシティ内の宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」。プロジェクトマッピングや4K映像などで宇宙を体感することができるが、”ミュージアム”と名がつく場所に行ったら楽しみなのがミュージアムショップ。今回もじっく…

駅のコンビニ「New Days(ニュー・デイズ)」に何気なく可愛い文房具が置いてあった

最近のコンビニは何でもある。もちろん、地域や周辺の状況によって置いてある品物は変わるが、それだけに地域ごとの特徴が微妙に出ていて面白い。先日も、JRの駅に入っているコンビニで可愛い文房具を見つけた。 ドイツの文具メーカー商品がさりげなく置いて…

シャキンとスライドしてボキッと折る「オルファ(OLFA) ポキステーション」

子どもの頃には肥後の神でいろいろなモノを切っていたが、それがいつしかカッターナイフを使うようになった。ポキポキと刃を折ることで切れ味が蘇るという方式は、「刃物は研ぐ」という常識を覆した商品だった。しかし、刃を折るという動作は案外怖いもので…

ハイマッキー40周年記念グッズの「マッキー文具BOX」が届いた!

「記念グッズ」という言葉に弱い。遠い昔で言えば、大阪万博であったりアポロ月面着陸であったりと、「〇〇記念」という言葉を聞いただけでワクワクしたものだ。そのワクワク感は今でも尾を引いていて、記念グッズと聞いただけで興味津々になってしまう。そ…

来年の手帳は君に決めた!吉祥寺「36 サブロ」で見つけた『卓上カレンダーのような手帳』

今年もまた散々手帳選びに迷った。なかなか決まらない。ところが、月に何回か足を運ぶ吉祥寺の文具店に行ってみたところ、自分の管理方法にぴったりのスケジュール手帳が見つかった。これが文具店めぐりの良さの一つだ。 吉祥寺「36 サブロ」の企画棚 東京…

【文具店めぐり】スケジュール帳を買いに吉祥寺の「36 Sublo サブロ」へ

来年のカレンダーや手帳が文具店に並び、大きめの書店などでも手帳フェアが始まっている。毎年この時期になると「来年はどの手帳にしようかな」と大いに悩むのだが、悩んだ末に結局買わないということもしばしばで、どれも帯に短しタスキに長しで、これだと…

今年最後の「文具祭り」チケット販売開始!

いつも「行きたい!」と思いながら、その日に限って必ず何かしら外せない用事が入る。まさに、一昔前に流行したマーフィーの法則のようなことが起きている。文房具好きとしてはぜひ行きたいと思いながら、かれこれ2年以上都合がつかなかったそのイベント。今…

プレゼンテーションの時に手放せない便利ツール「黒曜石(KOKUYOSEKI)」

社内でも社外でも時々人前で話しをする機会がある。時間的には15分から1時間以上までといろいろだが、何回やってもプレゼンテーションというのは緊張するものだ。今日もまた30分ほどプレゼンを行う予定があるが、いつも使っている便利ツールのおかげで少しは…

紙製のクリップ「DELP(デルプ)」を愛用中、アルミやブリキの入れ物が良く似合う

仕事の資料はクリップやステープラーで綴じることが多いので、デスクの上の取りやすい部分にそういった綴じる道具を置いている。引き出しの中だと取り出すのに一手間かかるうえに、続けて使うときには引き出しを開けっぱなしにする必要があるからだ。 プラス…

その場でオリジナルスタンプが作れる「OSMO(オスモ)」が大人気

スタンプをポンポンと押すのは楽しいが、スタンプ台でインクをつけなければならないのが少々面倒だ。インクが不要の浸透印スタンプもあるが、オリジナルを作るには価格が高い。しかし、浸透印スタンプを手軽に作ることのできるサービスが始まり、巷で人気と…

【新商品情報】机の上をオシャレに掃除、キングジムのコンパクトクリーナー「スミサット」

自宅でも職場でも職場でも、机の上には消しゴムのグズや細かいほこりなどがどうしてもたまってしまう。PCが置いてある付近は特にその傾向が強くて、キーボードのほこりなどもきになるところだ。キングジムではそう言った、オフィスの「ちょっと掃除をしたい…

進化し続ける「TEPRA(テプラ)」はBluetooth接続でAndroid端末からも使えるようになっていた

どこの職場にもあるのではないかと思われるのが、キングジムの「TEPRA(テプラ)」だ。特に事務職の方の職場には、必須だと言っても良いかもしれない。職場でも家庭でも重宝する事務機器だが、最近ではPCに接続できるだけではなく電源も接続ケーブルも使わない…

【新商品情報】デジタルで管理してアナログで整理する、カンミ堂の「1マイ手帳」に思わず唸る

文房具の中でも付箋紙は常にお世話になっている道具の一つだが、デジタルデバイスが普及するにつれて使わなくなったシーンもある。ところが最近、「デジタル管理しているものをあえてアナログ管理に変更する」というサービスが始まった。付箋紙を利用しても…

【新商品情報】ハイマッキーが40周年!記念の「マッキー文具」を発売予定

何にでも書けるペンとして登場した「ハイマッキー」。登場してから40年だというから私が中学生の頃に発売された商品だが、その頃にはもう普通に使っていたような気がする。それだけ生活の中に入り込んでいる商品なのだろう。ロングセラー商品のハイマッキー…

ハサミとピンセットとサンドペーパー、実はボウリングに使う道具なんです

「ハサミとピンセットとサンドペーパーを使います」と言われれば、何かの工作を始めるのかなと思われるのではないだろうか。もちろん工作の道具としても使うセットだが、実はこれはボウリングで使うセット。これがあると無いとでは大違いという道具だ。 ピン…

そろそろクリスマスに備えよう!「サンタさんからの手紙」の受付が開始

ようやく涼しくなってきた東京地方。ここ数日は、朝起きたときに寒いなと感じるぐらいだ。暑い夏が過ぎるとホッと一息つけるようになるが、暦を見ると今年も残り2か月半。ちょっと早い気もするが、そろそろクリスマスのことを考え始めても良い時期になってき…

【新商品情報】自立型ペンケースの人気はまだまだ続く、リヒトラブが「スタンドアップペンケース・オーバルタイプ」を発売

自立式のペンケースが人気になって久しいが、ペンケースにはいろいろな種類があるので店頭で見ていても楽しい。最近ではコンパクトなものよりも大容量のものに人気がシフトしてきているような感じだが、それでも「自立式」というのは相変わらずの人気ぶりだ…

【文具の小ネタ】付箋を剥がす時の注意点と便利な使い方

付箋紙はさっと取り出してさっと書き、さっと貼れるのが便利だ。そうやって普段何気なく使っている付箋紙だが、先日付箋を使った会議方法のレクチャーを受けた時に、正しい剥がし方というのがあることを知った。言われてみると納得の方法だ。 付箋を剥がす時…

【新商品情報】2種類の刃でいろんな封筒を綺麗に開ける「レターオープナー アケルンダー」

文房具の中には「あったら便利」という道具が幾つかある。カッターマットや指サックなどがその一例だが、逆に言うと「なくてもなんとかなる道具」とも言える。しかし、時々ならともかく頻繁に行う作業であれば、効率の面から言ってもやはり専用の道具は揃え…

検定試験のマークシートでシャープペンシルが使えない理由<もうすぐ全国手話検定試験>

今月中旬には全国手話検定試験が東京で行われる。手話を学びはじめて4年目になるが、毎年届く受験票には必ず「シャーペンは不可」と書いてある。最近ではマークシート用のシャープペンシルも発売されているが、なぜシャープペンシル不可の試験があるのだろう…

山田文具店で買ったミニサイズの文房具類

軽量コンパクトな文房具は、持ち歩きに便利でいざという時に役立つ。ペンケースに必要な筆記具を入れて持ち運ぶのも良いが、打ち合わせの時や講習会の時など「ちょっと持っていきたい」という時には、ミニサイズのものが便利で良い。 「山田文具店」で入手し…

【文具店めぐり】リニューアルで広くなった三鷹の「山田文具店」は品揃えもさらに充実していた

東京のJR中央線沿線には、素敵な文具店や雑貨店がいくつもある。どれもこじんまりとしていながらも個性的で、固定ファンが多いのも特徴だ。特急列車が止まるJR三鷹駅近くにもレトロな文具・雑貨が置いてあるお店があるが、リニューアルで店内が広くなり雰囲…

スリムなボールペンで軽やかに書く「トンボ鉛筆 油性ボールペン ZOOM 707」

好みの問題だとは思うが、ボールペンはある程度太さと重量があったほうが書きやすい。 万年筆と違ってある程度の筆圧が必要なので、普段万年筆を使っているとさらにそう思うのかもしれない。 一方で、持ち歩くのであればコンパクトで軽いボールペンが良い。…

本の記憶を季節とともに、「あきいろブックカバー」で季節を感じながら読書を楽しむ

東京は10月に入ったのに30度を超える真夏日もあったが、昨夜あたりから徐々に気温も落ち着いてきて秋らしくなってきた。秋と言えば読書の秋。食欲の秋であったりスポーツの秋であったりもするのだが、本好きとしてはやはりじっくりと読書の世界に浸りたい。 …