おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

文具メーカーが作ったエコ商品「ぺんてるマルチプレス」

蕎麦屋やうどん屋でも、カレーライスがメニューにあるお店は案外多い。そして、いわゆる“蕎麦屋のカレー”が案外美味しいのも事実だ。文具メーカーも同様で、意外なものを製造販売している会社もある。そしてそれが、意外と使いやすかったりするのも面白い。 …

【イベント情報】日本文具大賞の優秀賞に「日めくり付箋カレンダー『himekuri』」が選出!

毎年7月が近づいてくると楽しみなイベントが、アジア最大級の文具関連イベント「ISOT - 国際文具・紙製品展」。2018年も7月第一週末に開催されるが、会場で表彰される日本文具大賞優秀賞が決定した。その中からISOT初日にグランプリが選ばれるのだが、プラ…

「今だけのあの子」(芦沢 央)

読書の楽しみ方は人それぞれだ。外国作品の翻訳物が好きな方もいれば、サスペンス物が好きな方もいる。また、新しい知識を得るために新書を読むのが好きな人もいれば、コミックエッセイで楽しみたいという人もいる。「読書」という言葉ひとつをとっても、そ…

【新商品情報】家族の絆を深めるkazokutteシリーズの「おうちポスト」

子どもの頃からの思い出の品物を、大切に保管しているご家庭は多いだろう。我が家も息子が幼稚園や学校、自宅などで描いた絵などを保管しているが、折に触れて書いてくれた手紙も大切な思い出として保存してある。子どもというのは父の日や母の日などを捉え…

【文具店めぐり(番外編)】JR東京駅近くの「東京中央郵便局」は文具店並みの充実した品揃え

色々な文具店に行ってみると色々な発見があって楽しい。大型文具店は品揃えが豊富でディスカウントされていることが多く、個人経営の小さな文具店は他ではあまり見かけないこだわりの文具が置いてある。おおざっぱに言うとこういう傾向があると思うが、JR東…

【話題の商品】やっと見つけた人気の「文具ガチャ」、評判通りの精巧さだ

少し前から文具好きの間で話題になっていた「文具ガチャ」。カプセルトイのガチャガチャに登場した文具バージョンなのだが、非常に精巧に出来ていて文具好きならずとも欲しくなるキーホルダーだ。

【新商品情報】リヒトラブがペン付きダイアリー「ダイアリーノートwithペン2019」を8月に発売

あと20日も過ぎれば今年も半分終わるなあなどと思っていたら、すでに来年のダイアリーの話題が出ていた。早いというよりも、今はこれぐらいのペースでの発表がが普通なのかもしれない。来年のことを言うと鬼が笑っていたのは、たいぶ昔のことらしい。 薄型ダ…

【新商品情報】発売50周年を記念して50色の限定版消しゴム「レーザー」が発売

消しゴムは子どもの頃から現在までお世話になっていて、個人的にも最も付き合いの長い文房具の一つだ。砂消しゴムやプラスチック消しゴムなど種類の多い消しゴムだが、発売から半世紀を迎えたロングセラー商品の限定版が発売される。 全50色の50周年記念消し…

時間を見つけて測量野帳のカスタマイズ、「ゴムバンドの取り付け」再び

好みの文房具を、自分の使いやすいようにカスタマイズするのは楽しい。手帳類なら測量野帳やモレスキンのカスタマイズ例が多く紹介されていて、これ良いなと思った方法を真似するのも楽しい。今日の東京は朝からどんよりとした梅雨空で家の中にいる時間が多…

可愛いボックス「バンカーズボックス101」で小物の片付け

机の上に散らかりがちな文房具類。ペンをペン立てに入れてみても、いつのまにやらマスキングテープやホチキスなどが出しっぱなしになっていることも多い。そんなときに、ざっと入れておけるボックスがあれば便利だ。 組み立て簡単なバンカーズボックスのミニ…

【文具店めぐり】東京・大手町地下のコジャレた文具店「Neustadt brüder(ノイシュタット ブルーダー)大手町店」再び

おしゃれな文具店は数々あるが、アクセスが良くて気軽に入れるお店となると限られてくる。東京都心にもおしゃれな文具店は数々あるが、仕事の途中にちょっと寄れるコジャレた文具店に久しぶりに立ち寄ってきた。 大手町地下街の文具店 地下鉄大手町は、東西…

クリップ遍歴「ゼムクリップ」から「紙製クリップ『DELP(デルプ)』」まで

紙資料が減ってきてホチキス止めも減ってきた。最近では複数の資料はクリアファイルに入れて持ち歩くので、クリップも使う頻度が少なくなってきた。ひところに比べて資料の枚数が減ってきたのもその一因だろう。資料の枚数が減るにしたがって、使うクリップ…

【新商品情報】プリントとノートをつなぐシール「チョイタス」

パソコンやワープロが無かった頃は、色々な紙資料を切り貼りしていた。切り貼りした資料を線が出ないようにコピーするのも結構難しくて、厚い冊子を乗せて押さえつけたりしたものだ。また、紙資料を並べて裏にセロテープを貼り、 A4版をA3版にして見やすくす…

【イベント情報】今週末にいよいよ「紙博inTOKYO」!来月には京都でも開催

興味があることにカンするイベントというのは、とにかくワクワクするものだ。音楽好きならフェスが、アウトドア好きなら展示会がその一つだろう。もちろん文房具好きにもワクワクするイベントが、年に何回も行われている。 「紙博inTOKYO」は今週末の開催 今…

一度は見たい!「太陽の塔」内部の『生命の樹』

先日所用で大阪に出かけた際に、帰りに立ち寄ったのが万博記念公園の「太陽の塔」。立ち寄ったと言っても時間がなく道路向かいからみただけだが、それでもかなりの大迫力。さすがに天才岡本太郎さんの作品だけあって、毎回見るだけで元気をいただいている。 …

【キャンペーン情報】コクヨが「あなたの夢叶えますキャンペーン」を実施中

コクヨのキャンパスノートは、1975年から発売されているロングセラー商品だ。私の実家は文房具屋だったが、キャンパスノートは必ず置いてあるノートの一つだった。今でも職場の常備品として消耗品棚に備えられているキャンパスノートだが、様々な種類が発売…

旅先で書店に入ると書籍との不思議な出会いが待っている

出張や旅に出たときには、時間をつくって地元の書店を覗くことにしている。書店だと売っている本はどこも同じだと思われがちだが、お店によってオススメの書籍が違ったり力を入れている棚があったりとまちまちだ。また、土地土地によってその内容も異なると…

【新商品情報】勉強のスケジュール管理に便利な「キャンパス スタディプランナー(ルーズリーフ)」をコクヨが発売

学生の頃は勉強が大嫌いだった。勉強が好きな人の方が少ないとは思うが、私もご多分に洩れず試験前にウンウン言いながら丸暗記したものだ。働き始めれば勉強と縁が遠くなると思ったが、仕事関連で覚えることが多かったり資格取得の勉強をしたりと、違う形で…

意外なアイデアが続出!サンスター文具が「第23回 文房具アイデアコンテスト」の受賞作を発表

文房具はアイデアの固まりだ。シャープペンシル一本取っても、数多くの細かい部品が緻密な計算で作られ組み立てられている。また、製品の使用用途をどのように訴求していくかも重要で、そういったアイデアも必要となる。なかなか奥深いのが文房具の世界だ。 …

「ポメラDM30」の発売によってポメラブームが起きるか

スマホやタブレットなどのデジタルデバイスが普及し、色々なことが一台でできるようになってきた。そんな時代に、あえて「文字を打つことに特化したデジタルデバイス」の最新機種が発売された。ポメラ好きとしては興味津々だ。 文章作成に特化したポメラシリ…

【新刊紹介】「佐藤ジュンコのおなか福福日記 (手売りブックス)」(佐藤ジュンコ)

旅の記憶は食べ物とリンクしている。だからこそ、旅での食事は手を抜いてはいけない。旅の思い出は、その場所での食事が旅先の名所旧跡や景色などに紐付けられていることが多いからだ。 毎年何回か家族でささやかな旅をするが、観光地での思い出もさることな…

【新商品情報】早くも来年のダイアリー!リヒトラブが「卓上カレンダーにもなるダイアリー」の発売を発表

ファッションの世界は季節をかなり先取りして新作が発表されるが、文房具の世界でもその傾向がある。特に手帳やカレンダーに関しては、季節物だけにその傾向が強いだろう。今年はまだ3分の1が過ぎたばかりだが、早々に来年のカレンダーに関する新商品情報…

見て食べて幸せ気分になる「ハピフルとまと」(静岡県浜松市)

今回は、文房具から少し離れて農業の話。文房具が大好きで色々な場所の色々なお店を覗いているが、モノづくりも大好きで製造現場などにも機会を作って見学に行っている。先日は、ご縁があって静岡県浜松市のミニトマト栽培農家さんを見学に行ってきた。モノ…

今回も大にぎわい!「第13回 東京蚤の市」初日の様子を写真でご紹介

今日から始まったアンティークの祭典「第13回東京蚤の市」。会場となっている調布市の京王閣は、今回もまた大勢の人で賑わっていた。 個人的には「活版印刷」が大好きなので、啓文社印刷の手キン(手動の活版印刷機)に目が釘付けになってしまった。年に2回の…

【イベント情報】コクヨの直営店が「山と自然の写真家・野川かさねの企画展」を開催中

山歩きは楽しい。低い山には低い山なりの、高い山には高い山なりの楽しみ方がある。楽しみ方のひとつに写真撮影があるが、プロ写真家が撮影したものは見るだけで感動させられるものが多い。そんな感動を文具メーカーの直営店で味わえるイベントが、つい先日…

【新商品情報】大人も楽しめる子ども向け「工作キット」をサクラクレパスが発売

「工作」という言葉には、懐かしさとワクワク感を覚える。小学校の「図画工作」の時間はそれほど好きではなかったが、何かを作るという作業は好きだった。割り箸で作る輪ゴム鉄砲や泥と砂で作る泥団子などは、夢中になって作っては遊んでいたものだ。 大人も…

【イベント情報】年に一度の大展示会「国際 文具・紙製品展(ISOT)」、無料招待受付が開始

文房具に関するイベントは年にいくつもあるが、どのイベントも文房具好きには外せない楽しみなものばかりだ。メーカーが開催するイベントも楽しいし、職人技の人々が集まるイベントも楽しい。そして、何と言っても年に一度開催される展示会は、文具大賞も決…

「悪いものが来ませんように」(芦沢 央)

子どもの頃から本好きで、やんちゃ坊主だった割には図書館で本を読むことも多かった。その頃もそうだし今もそうだが、お気に入りになった特定の著者の物語を次々と読むということが多い。というよりも、面白いなと感じた著者の作品をどんどん読みたくなると…

【イベント情報】年に2回のお楽しみ「第13回東京蚤の市」が今週末開催!

「蚤の市」とは、もともとヨーロッパの大都市の各地で開かれる古物市のこと。季節的には春から夏にかけて開かれており、パリの蚤の市などが有名だ。古物市としては日本でも世田谷のボロ市や調布の「東京蚤の市」が有名だ。今年も春の「東京蚤の市」が今週末…

【新発売情報】郵便局の窓口に「ミドリ」ブランドの「オジサンはがき」が2シリーズ登場

子どもの頃から郵便局が好きだ。ポストに入れた手紙が集められて、人の手から人の手を渡って届くことに温かさを感じていた。また、綺麗な切手やハガキが並んでいるのも楽しくて好きだったのだが、最近では郵便局でしか買えない文房具が置いてあるのも良いな…