おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

【イベント情報】女子じゃなくても行ってみたい!「文具女子博2017」が12月に開催

歴女や山ガールなど、女性に特化した呼び名が巷にあふれているが、文房具好きの女性を文具女子と呼ぶそうだ。そんな文具好きの女性のためのイベントが予定されているが、男性でも行ってみたくなるような素敵な内容だ。 女性をターゲットにした「文具女子博」…

【新商品情報】”大人のキャンパスノートシリーズ”に「キャンパス書類収容カバーノート」が新登場

学生の頃から使っているロングセラー商品がいくつもある。共通しているのは、シンプルながら時代やニーズに合わせて細やかなカスタマイズを地道に行っているという点だ。今回もそういった細やかな工夫のなされた商品が販売される。 大人のためのキャンパスノ…

【新刊紹介】"生きることの素晴らしさを教えてくれる一冊"の続編「泣いて笑ってまた泣いた2」(倉科透恵)

秋の夜長は読書に最適だ。夏の暑さは集中力を奪い、冬の寒さは思考力を停止させ、春の暖かさは眠気を誘う。だから秋は読書に向いているのだろう。とはいえ、本好きにとっては本をたくさん読むのに季節は関係なく、それぞれの季節で読みやすい環境を作るため…

【イベント情報】紙という素材が人を惹きつける、神戸で「紙フェスKOBE」が11月に開催!

紙製品は文房具の中でも中心だが、素材としての紙も手触りを含めてとても良い。先日は東京と大阪のイベントをご紹介させていただいたが、神戸でも11月始めの連休に紙に関するイベントが開催される。 紙好きのためのイベント「紙フェスKOBE」 2017年11月3日か…

トンボ鉛筆から地球に優しい森林認証鉛筆・色鉛筆「木物語」が発売中

地球環境保護の必要性が訴えられ始めた頃は、森林を伐採すること自体が良くないという風潮が一部にあった。それもほどなくして、適度な伐採が健全な森林を育てるという正しい情報へと置き換わった。やはり木のぬくもりは良い。それは皆の感じるところだろう…

刃を折らずに使い続けられるカッターナイフ「オランテ」

カッターナイフは刃を折ることによって切れ味がよみがえり、快適に使い続けることができる。しかし、刃を折るのは思ったよりも怖いもので、特にお子さんではその傾向も強いだろう。そんな方のために開発された「折らないカッター」が、徐々に色々な場所で見…

毎日夜空を見上げたくなるカレンダー「宙(そら)の日めくりカレンダー」

懐かしい文房具とコラボした日めくりカレンダーが人気だ。その記事を書くのに販売元のホームページを拝見していたが、同じくらい気になるカレンダーが発売されていた。毎日カレンダーをめくるたびに、思わず夜空を見上げたくなるカレンダーだ。 宇宙を意識さ…

【新商品情報】日めくりカレンダーがブームになるか?「文房具日めくりカレンダー」が発売

子どもの頃には、家の柱に日めくりカレンダーがかかっていた。柱時計のネジを巻くとの日めくりカレンダーを一枚切り取るのが日課だった。今ではあまり見かけなくなった日めくりカレンダーだが、文房具好きなら思わず欲しくなってしまう日めくりカレンダーが…

【イベント情報】紙にまつわる展示会、東京「紙のかたち展2」、大阪「紙マーケット」

文房具にはいろいろなジャンルと商品がある。ペンやインク、ノートや定規やペンケースやファイルなど、ありとあらゆるものが文房具として世の中に登場している。そのなかには「紙製品」があるが、文房具好きのなかには素材としての紙そのものが好きな人もい…

明治の頃の妖(あやかし)達「明治・金色キタン」(畠中恵)

今週のお題「読書の秋」 秋の夜長は読書が進む。今週から東京もかなり涼しくなってきたが、虫の音をかすかに聴きながら本を読むのは貴重な時間だ。以前から読みたいと思っていた単行本も秋の夜長用に買い、じっくりと読み進めることができた。 レトロな時代…

サンスター文具から「塗り絵でシールになる『NURIMA(ヌリマ)』」が登場

東京では水曜日から涼しくなってきた。急に秋めいてきて朝夕は寒いぐらいだ。涼しさを感じるこの時期になると、文具店や書店ではカレンダーや手帳が店頭に並び始める。それに合わせるように手帳用のシールなども展示されてあることが多いが、自分でシールを…

アイレット付シール「halt(ハルト)」は「測量野帳」の簡単カスタマイズに最適

3日続けてコクヨの測量野帳に関する記事で恐縮だが、安価で加工がしやすいのでカスタマイズも盛んな商品だ。コクヨのホームページには専用のコーナーもあって、測量野帳を自分好みにカスタマイズして楽しんでいる人は"ヤチョラー"と呼ばれている。私はそこま…

改めて「コクヨの『測量野帳』」というロングセラー商品をご紹介

自分がよく知っていると、誰もがそうだと勘違いしてしまうことがある。昨日ご紹介させていただいた「測量野帳」もそのひとつで、職場で「おおきい測量野帳を手に入れた」と話しても周囲の反応はいまひとつだった。このブログを訪問してくださった方も同様の…

立川ロフトで「おおきい測量野帳」を手に入れて大喜び!

手帳やノートは常に使いやすいものを探しているが、個人的にはシンプルでページが開きやすいものが好きだ。紙質も良いに越したことはないが、普段の打ち合わせなどで使うものは比較的書きっぱなしで保管はしないので、コストパフォーマンスに優れたものも重…

いまさらながら超速乾ボールペン「SARASA dry(サラサドライ)」の威力を感じる

ボールペンは万年筆ほどこだわってはいないが、それでも会議やミーティングの時にメモを取るのには使いやすい方が良い。安価で使いやすいボールペンがいくつもあるが、最近では「超速乾ボールペン」のお世話になっている。 あっという間に乾くジェルボールペ…

【新商品情報】ボールペンのボディとインクが選べる「エラベルノ」がコクヨから新登場

一口でボールペンと言っても種類や用途が様々で、好みもまた人それぞれだ。個人的には油性ボールペンのぬるっとした書き味が好きだが、作業によってはサラサラと書くことのできるタイプも好んで使う。またボディも太めのものや細目のものなどがあって迷うこ…

滋賀県のご当地文房具「とびだしとび太くんテンプレート」

"理由(わけ)もなく惹かれる"という商品がある。形状であったり質感であったりと惹かれるポイントは様々だが、直感的に心に響くモノというのは持っているだけで楽しい。先日、そういった直感的に好きになったモノ関連の商品を手に入れた。 交通安全標識「とび…

【新商品情報】個人情報を隠す「ローラーケシポン」に新バージョンが登場

ハガキや電気・ガスの検針表など、私たちの身の回りには個人情報を記された書類が何気なくある。こういった一枚単位の書類というのは、シュレッダーするほどてはなく、かといって手で細かく破るのは面倒だ。そんなときのために「塗りつぷす道具」が販売され…

ライオンマークの「よいこのおどうぐばこ」が大人のためにコラボで機能アップ!

文房具の世界ではレトロな商品も人気がある。文房具に限らないのかもしれないが、昭和レトロな雰囲気の物や、昔懐かしい学童用品はひとつのジャンルとして根強い人気がある。そういった昭和レトロな商品のなかにも、使いやすさを考えて進化しているものもあ…

「SMA・STA(スマ・スタ)」は自立型ペンケースの新たなヒット商品となるか

文房具類の中で、学生も社会人も使う道具といえばペンケースもその一つだろう。人によって入れる筆記具の種類や量は異なると思うが、使い勝手の良し悪しは誰しも気にするところだろう。ここ数年「自立するペンケース」が次々と登場し人気があるが、この傾向…

「アイネクライネナハトムジーク」(伊坂幸太郎)/時空を行き交う人と人との繋がりが美しい

人のご縁というのはとても大切で、そしてとても不思議なものだなと思う。 半世紀以上生きているとそれなりに人とのご縁ができるのだが、自分と相手とのご縁がその先で相手同士でも繋がっていることがある。また、10年以上前にいただいたご縁が、思いがけず再…

書類の持ち運びに便利!自立するドキュメントバッグ「コクヨKaTaSuドキュメントバッグ」

「働き方改革」という言葉が世の中に広がってきて、週末金曜日に早帰りを推奨している企業も多い。働き方改革の肝は「早く帰ること」ではなく、「いかに効率良く仕事を片付けるか」ということだろう。文房具メーカー各社からも効率良く仕事を進めるための商…

いまだかつてない「日めくり付箋カレンダー『himekuri』」がクラウドファンディングで爆進中!

「資金を集める」というと、一昔前までは事業計画書等を持参して金融機関に相談するというのが一般的だったと思う。しかし、現在ではクラウドファンディングとを利用すれば、金融機関ではなく一般の方々から資金調達を行えることができるようになってきてい…

滋賀・近江地方のお土産に「とびだしとび太くんグッズ」がオススメ

滋賀県の東近江市は、交通安全の標識「とびだしとび太くん」発祥の地。全国色々な場所で見かける飛び出し注意の看板だが、滋賀県の近江地方で車を走らせていると数多くのバージョンを見ることができて楽しい。 先日は「とび太くんテンプレート」をご紹介させ…

【新商品情報】これは欲しい!”とびだしとび太くん”を簡単に描ける「とび太くんテンプレート」が発売!

車の運転手に対して、横断歩道などで”飛び出し注意”を促す看板「とびだしとび太くん」。看板発祥の地である東近江市近辺では、色々なバージョンの「とび太くん」が設置されていて楽しい。写真は近江兄弟社本社前のとび太くんだが、メンソレータムのマークを…

【文具店めぐり】長崎の老舗文具店「石丸文行堂本店」はさすがの品揃えと対応だった

老舗と呼ばれるお店は数々あるが、文具店も同様に老舗が各地にある。街の文具店が少しずつ減っていくなかで、老舗の文具店が頑張っている姿はとても嬉しい光景だ。今年の夏休みは長崎に足を伸ばしたが、老舗の文具店でゆっくりと買い物を楽しんできた。 長崎…

「キヤノン・レーザーポインターPR11-GC」進化したレーザーポインター

会議などのプレゼンテーションで使用するレーザーポインター。昔は「指し棒」を多用していたが、離れた位置からでも指し示すことのできるレーザーポインターは便利だ。赤い点が投射されるだけではなく線状に光が出るものもあって、様々なタイプが発売されて…

「花咲舞が黙ってない」(池井戸潤)

本好きなので、小説からビジネス書まで様々なジャンルの本を読む。その中でも小説が圧倒的に多いのだが、企業物に目を通すことも多い。胸がスカッとするものもあれば自分を振り返って考えさせられるものもあるが、今回も一気読みしてしまうほどテンポの良い…

【新商品情報】かさばらないバッグインバッグ「フラッティ」がキングジムから登場

ビジネスバッグやトートバッグの中は、どうしても細かいものが多くなってしまう。カギやイヤホン、名刺入れやちょっとした筆記具など意外とばらつくものが入っている。そんなときに便利なのがバッグインバッグだ。 バッグの中を整理するバッグ http://www.ka…

「明治・妖モダン」(畠中恵)

先週から東京ではググッと気温が下がり、晩夏にもかかわらず過ごしやすくなった。8月は雨の日が続き、まったく夏らしい気候ではなかったが、それでも気温が30度を超えると蒸し暑くて閉口して、梅雨が二度来たように感じたものだ。 気温が下がって過ごしやす…